手ぬぐいの端が縫われていないのはなぜですか?

2023年10月5日

一般的に、手ぬぐいの左右の端は縫われず、切りっぱなしになっているため、使用するうちに端からほつれ始めます。これは欠陥ではありません。

手ぬぐいの端が縫われていない理由には、重要な理由があります。手ぬぐいの端が縫われていない理由と、ほつれに心配がある場合の対処法について説明します。

1. 乾きやすい
タオルのように、手ぬぐいは毎日使われ、濡れた手や物を拭いたり、汗を拭いたりするために頻繁に使用され、1日中何度も水分を吸収します。
しかし、手ぬぐいの端をほつれを防ぐために折り返して縫うと…その部分が通気性が損なわれ乾きにくくなるため、便宜上、端は切りっぱなしにされています。

 

 2. 衛生的に使用する

ほつれを防ぐためにハンドタオルの端を縫うと、折り返して縫った部分に水がたまり、乾きが遅くなり、カビや他の細菌の繁殖に適した環境が作られます。

現代では、ハンドタオルは物を包むためやインテリアの装飾として使用されることもありますが、その主な用途は水や汗、ほこりなどを拭き取ることです。できるだけ清潔な状態でハンドタオルを長く使用できるようにするためには、端を縫わずにそのままにしておくのが最善です。

 

3. 手で簡単に裂ける

ハンドタオルの端を縫わないことで、怪我の応急処置などで布を手で簡単に裂くことができ、応急処置に役立ちます。

実際、江戸時代初期から一般の人々に手ぬぐいが広まると、怪我の際に汚れや血を拭き取るだけでなく、さまざまな応急処置にも使用されました。例えば、骨折した場合、手ぬぐいと一緒に棒などを使って固定することがありました。下駄の鼻緒が切れた場合、手ぬぐいを使って固定することがありました。そのため、ハンドタオルの端が縫われていないことで、簡単に裂けるようになり、応急処置やその他の目的に使いやすい道具となりました。

 

ハンドタオルの端が縫われていない理由は、日本の暑く湿気の多い気候下でタオルを衛生的に使用する必要性に由来しています。また、医療施設が未発達だった時代には、これらのタオルが手軽に利用できる清潔なアイテムとして応急処置に役立ち、日常生活の実用的な知恵を示しています。

 

ほつれた糸についてどうすればよいですか?

ハンドタオルを使用し、洗濯している際にほつれた糸に気付いた場合、簡単に対処できます。以下の手順に従うと、時間の経過とともにほつれが自然に止まります。

ハンドタオルのほつれは、縦糸で作られた房ではなく、横糸であることが一般的です。房を切るのではなく、横糸のほつれを整えるようにトリミングすることに焦点を当ててください。ひどいほつれの場合は、ほつれた横糸を房の長さに合わせて切ると良いでしょう。房が一定の長さ(約5mm)に達すると、ほつれが止まります。房自体を切らないようにし、そうすると横糸のほつれがさらに進む可能性があります。これを防ぐために縦糸をそのままにしておいてください。

 

before 

after